S研 凝縮系理論グループ(Sc)へようこそ

   物質が織りなす豊かな物理現象は、現代物理学の主要な研究課題です。量子力学に従う“無数の粒子”が相互作用するとき、予想を超えた“物質固有の新たな物理現象”が発現します。これらの研究は“凝縮系物理”と呼ばれ、世界中で活発に研究されています。私たちは、続々と発見される物質固有の物理法則を、量子力学と統計力学に基づいて解明する研究に取り組んでいます。


 Sc研では、相互作用する多数の電子が織りなす面白い物理現象を研究しています。場の理論に基づき、物質の普遍性と多様性の両面を追求する研究を推進しています。研究の詳細はこちらの資料や、以下の項目をご覧ください

Sc研に興味のある学生へ

 Sc研では量子力学や統計力学に興味がある学生や、物性物理の理論的研究に興味がある学生を歓迎しています。卒業研究や大学院での研究活動について、ここをご覧ください。研究室の雰囲気や研究内容について詳しく知りたい方は、メール等でお気軽にお問い合わせください。


新着情報

    2019年7月
文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究 「量子液晶の物性科学」(令和元~5年度) がスタートしました!
紺谷教授は、本新学術のC01班「量子液晶の理論構築」の班長として参画しています。
2020年 6月15日
川村さん(M2)、大木さん(D2)、小林准教授の論文が出版されました (研究業績)
2020年 6月 9日
大木さん(D2)、小林准教授の論文が出版されました (研究業績)
2020年 6月 1日
松原さん(D2)、紺谷教授の論文が出版されました (研究業績)
2020年 5月15日
田財特任助教、山川助教、紺谷教授の解説記事が出版されました (研究業績)
2020年 4月15日
田財里奈さんが「第1回QLC若手研究奨励賞」を受賞しました
2020年 4月 1日
今年も新メンバーが加わりました (メンバー)
2020年 2月12日
松原さん(D1)、紺谷教授の論文が出版されました (研究業績)
2020年 1月31日
田財さん(D3)の博士論文公聴会が開催されました (物理学教室ホームページ)
2019年12月 6日
田財さん(D3)、紺谷教授の論文が出版されました (研究業績)
2019年10月20日
Sc研秋の遠足、今年はみんなで日間賀島に行ってきました
2019年10月18日
小林准教授の解説記事が出版されました:(研究業績)
2019年 9月 9日
新学術「量子液晶の物性科学」公募説明会が名古屋大学にて行われました
2019年 9月 9日
第7回高温超伝導フォーラムが名古屋大学にて開催されました
2019年 8月30日
山川助教の共著論文が出版されました (研究業績)
2019年 8月26日
大木さん(D1)、小林准教授の論文が出版されました (研究業績)
2019年 8月 5日
中岡さん(D3)、山川助教、紺谷教授の論文が出版されました (研究業績)
2019年 7月29日
      -7月30日
Sc研夏の学校を開催しました
 
2019年 7月29日
大成准教授、紺谷教授の論文が出版されました (研究業績)
2019年 7月17日
山川助教の共著論文が出版されました (研究業績)
2019年 5月28日
山川助教、紺谷教授の共著論文が出版されました (研究業績)
2019年 5月27日
5/27先端物理学概論(Sc研担当)の資料をここに用意しました(IDはsclab、PWは授業でお伝えした通りです)
2019年 5月13日
田財さん(D3)、紺谷教授の論文が出版されました (研究業績)
2019年 5月 7日
超伝導の理論で著名な業績を残した中嶋貞雄先生のS研在籍時のエピソードが、理フィロソフィア「時を語るもの」に紹介されました
2019年 4月23日
谷さん(M2)、小林准教授の論文が出版されました (研究業績)
2019年 4月19日
谷さん(M2)、小林准教授の論文が出版されました (研究業績)
2019年 4月 2日
今年も新メンバーが加わりました (メンバー)
2019年 3月25日
松原さん(M2)が名古屋大学理学研究科顕彰、および学生優秀発表賞の優秀賞を受賞しました
2019年 3月20日
Sc研送別会を行いました
2019年 3月14日
      -3月17日
九州大学で行われた日本物理学会第74回年次大会で、大成准教授がシンポジウム講演、谷(M1)、藤江(M1)、大木(M2)、松原(M2)、川口(D1)、田財(D2)、中岡(D3)、山川助教、小林准教授、紺谷教授の各員が発表を行いました
2019年 3月16日
山川助教の共著論文が、日本物理学会 第24回論文賞を受賞しました

最近のコロキウム

2020年 1月27日
Eun-Gook Moon 氏:Exotic phenomena in superconductors : topological superconductivity and unconventional nematicity
2019年 6月11日
堀田 知佐 氏:磁性に関する話題(反強磁性マグノン、量子スピン系)
2019年 5月27日
矢田 圭司 氏:空間反転対称性の破れた超伝導体におけるトポロジカルなスピン構造
2019年 2月 4日
元結 啓仁 氏:レーザー励起光電子顕微鏡で観測する鉄系超伝導体のネマティック秩序
2019年 1月 8日
小林 伸吾 氏:ヘリカルマヨラナ準粒子における多極子理論
2019年12月11日
角田 峻太郎 氏:高対称軸上におけるトポロジカル結晶超伝導ノードの分類:点ノード、線ノード、面ノード
2018年11月13日
宇田 川将文 氏:Kitaevスピン液体のVison励起と動的応答
2018年10月11日
石田 憲二 氏:強磁性超伝導体のNMR
2018年10月 5日
守田 佳史 氏:二次元におけるノード的準粒子とカーボンベー ス超格子
2018年10月 2日
中岡 宏徳 氏:鉄系超伝導体におけるネマティック秩序と超伝導発現機構の研究
2018年 8月 9日
Clifford Hicks 氏:Probing the electronic nematic phase of FeSe with in-plane uniaxial stress
2018年 7月27日
野村 拓司 氏:共鳴非弾性X線散乱で観る強相関電子系の電子励起とその理論
2018年 7月13日
野村 悠祐 氏:ボルツマンマシンを用いた量子多体系のソルバーの開発
2018年 2月15日
足立 景亮 氏:BCS-BECクロスオーバー域における超伝導ゆらぎ・次元性の効果

連絡先

〒464-8602
名古屋市千種区不老町
名古屋大学 大学院理学研究科 物理学教室 S研凝縮系理論グループ(Sc)

所在地:名古屋大学東山キャンパス 理学館6階
TEL: 052 (789) 2440 [Scコロキウム室]
FAX: 052 (789) 2928
E-mail:kon(at)slab.phys.nagoya-u.ac.jp [紺谷浩] ※(at)を@に置き換えて下さい

en.htmlへのリンク