S研へようこそ!


  我々の身の回りの物質は、原子や電子が無限個集合して構成される多粒子系です。物性物理学の目的は、物質が織りなす豊かな物理現象を理解することですが、少数粒子の運動をいくら詳しく研究したところで、その目的は達成できません。無数の粒子が集まることによって初めて発現する、物質固有の新たな物理現象を解き明かす必要があるからです。新たな物理現象の典型例として、超伝導・超流動現象などの相転移現象や、自己組織化が挙げられます。このような多粒子系の豊かな基本性質を量子力学と統計力学を柱として解明する学問は、物性理論と呼ばれます。

  私たちの研究室では、世界中で続々と発見される新規な物理現象の理論的解明や、物質の世界の根底を貫く重要な物理概念の発見、さらには物質固有の物理法則をうまく利用した新機能創発の理論的提案など、幅広く研究活動を行っています。


Information

 
lastlecture




コロキウム情報


2016年5月23日(月)
13:30~
理学館614講義室
(終了しました)

山影 相 氏(名大院工)
CaAgX (X=P, As)における線ノード・ディラック半金属相とトポロジカル絶縁体相
 

連絡先

〒464-8602
名古屋市千種区不老町
名古屋大学 大学院理学研究科 物理学教室 物性理論研究室

所在地: 名古屋大学東山キャンパス 理学館6階
Tel : 052 (789) 2440 [S研コロキウム室]
Fax : 052 (789) 2928
E-mail:kohno(at)s.phys.nagoya-u.ac.jp [河野浩] ※(at)を@に置き換えて下さい